Root系、Snare系の足止め魔法について


15,424

足止め魔法の必要性


 EQ(特にダンジョン)では、敵が恐慌をきたして逃げ出す事により、 仲間を引き連れて戻ってくる事があります。
 この場合、当然ながらパーティは多数の敵と苦戦を強いられる事になり、 ほとんどの場合、撤退もしくは壊滅に至る事になります。
 これ防ぐためには、戦闘中の敵が逃げ出さない様に足止めをする事が重要で、 Root系、Snare系の2系統の足止め魔法が多用されます。
 更にWIZの場合、Rootにより、敵を肉弾攻撃のレンジ外に留め、攻撃魔法を 叩き込む事が重要な作戦になります。

Root系足止め魔法


 Rootは地面から草が伸び、対象の動きを完全に拘束する魔法です。
WIZはRoot系魔法をもっとも早く習得(Lv4)するRootマスターです。

 Root系列の魔法には、下のような種類があります。

習得レベル名称詠唱時間必要マナ量
Lv4Root2.030
Lv20Enstill2.560
Lv39Immobilize1.880
Lv49Paralyzing Earth2.5100

 この4種のRoot系魔法は、それぞれレベルに従って上位というわけではなく、 特徴によって更に2系統に分かれます。

Root
Immobilize ダメージを与えても↓2種に比べれば解けにくい。詠唱時間が短いのも魅力。
Enstill Paralyzing Earth ダメージを与えると解けやすいが、 ダメージを入れなければ長時間効果が持続する可能性がある。

 Rootの効果時間は、一定ではなく、対象がダメージを受けた時、 また、一定時間毎に魔法に対する抵抗判定(セービングスロー)が行われ 解除されるかどうかが決まるようです。
 このセービングスローの時の確率の違いがそれぞれの系統の違いという事に なるのだと思います。

 では、どれを使えばいいのか?ということになりますが、 状況によって使い分けるというのが普通でしょう。
 しかしながら、上記に並べ立てた特徴がそれほど際立っているわけではなく、 解けるときは解けてしまう為(注1) Windayは少しでも詠唱時間の短いImmobilizeをよく使用しています。(注2)

 注1) 何分必ず持つとかではなく確率ですからね(泣)
 注2) わずか0.2秒の差でも、殴られている時に詠唱を成功させるには重要です

Snare系足止め魔法


 Snareは一定時間対象の足を遅くし、最終的にダメージが蓄積し動きが鈍くなると 全く身動き出来なく無抵抗にさせてしまう魔法です。
 Rootと違い恐慌状態に陥った敵が反撃に転じる事がないため、 タンクの被ダメージを減らせる、有効な魔法です。

 「WIZにSnareはない」、「WIZにSnareなんてあったっけ?」 という声を昔はよく聞きましたが、最近は通称AESnareとして 認知されてきているようです(^-^;

習得レベル名称詠唱時間必要マナ量効果
Lv29Bond of Force2.575 2分間55%スピードダウン
Lv51Atol's Spectral Shackles2.0125 2分30秒間60%スピードダウン

 AESnareの通称通り、AE(エリアエフェクト)な魔法です。
 対象の周囲にいるNPCと詠唱者(泣)に効果を及ぼします。
 複数の敵にまとめてかけられるのでお得なようですが、逆でして、 不便なことのほうが多いです。
 いわく、自分にかかる、複数の敵を怒らせる、無関係なNPCも怒らせる、 当然マナコストが高め、同じ名前の敵が範囲内に複数いた場合、 どれがレジストしたのか分からない…。 どれがレジストしたのか分からない以上、全てに入るまで繰り返す必要があります。

 まぁ敵が単体の時はAEでもあまり変わらないので、 Snarerが居ないパーティでは積極的に使用していきましょう。
 ENCがメインターゲット以外の敵を眠らせている場合も、 これで目を覚ます事はないので、使い時です。
 ただし、AEだから無関係のNPCをINCしないように気をつけましょう(^-^;
 場所によっては、違うフロアの敵が範囲に入ったりとかするそうです。(泣)


Copyright ©2000 e道具屋さん
このウェブサイトに掲載されている作品の著作権はe道具屋にあります。
このサイトはリンクフリーですが、データへの直接リンク、無断転載等は禁じます。
各々のページへのリンクは構いません。
トップページはこちらです。
よかったらトップページ最下段のバナーをご利用下さい。